BACK

江崎 萌子Moeko Ezaki

ピアノ

江崎 萌子
白百合学園中学校卒業、桐朋女子高等学校音楽科首席卒業後、渡仏。パリ スコラ・カントルム音楽院、パリ国立高等音楽院にてテオドール パラスキヴェスコ、フランク ブラレイ、上田晴子の各氏に師事し修士課程卒業。現在、ライプツィヒ演劇音楽大学演奏家課程にてゲラルド ファウト氏のもと研鑽を積む。またイヴリー ギトリス、メナヘム プレスラー、マリア ジョアン ピレシュ各氏の薫陶を受ける。

第2回桐朋ピアノ・コンペティション第1位、第80回日本音楽コンクールピアノ部門入選、2017年第26回エピナル国際ピアノコンクール(フランス)第4位、併せてオーケストラ賞、現代曲賞、第8回ヴェローナ国際コンクール(イタリア)第2位およびクラシックソナタ賞、女性演奏家賞受賞。

2015年パリ フィルハーモニーホールにてパリ管弦楽団プレリュードコンサートのソリストを務めたほか、これまでに日本、フランス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、イタリア、パキスタンにおいて演奏する。室内楽にも積極的に取り組み、2014年ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクールにおいて第2位受賞、ラヴェルが晩年を過ごした地モンフォール・ラモリでの音楽祭等に出演。2016年にはヴァイオリニスト、クリストフ エーレンフェルナーに招かれアルバン・ベルク四重奏団のチェリストであるヴァレンティン エルベンとウィーンにて共演している。

シャネル・ピグマリオン・デイズ 2018 参加アーティスト。

オフィシャルウェブサイト: moekoezaki.com

(2021年10月現在)


2018.8.30 THU コラム連載 第3回 ”音楽”
2018.7.4 WED コラム連載 第2回 ”アーティスト”
2018.5.25 FRI コラム連載 第1回 ”パリ”
2018.4.6 FRI シャネル・ピグマリオン・デイズ 2018江崎 萌子(ピアノ)インタビュー
2017.11.24 FRI シャネル・ピグマリオン・デイズ 2018 プログラムに寄せて