BACK

嘉屋 翔太Shota Kaya

ピアノ

嘉屋 翔太
2000年生まれ。3歳半よりピアノを始める。開成中学・高等学校を経て、東京音楽大学ピアノ演奏家コース・エクセレンス4年に特別特待奨学生として在学中。

2017年ウィーン国立音楽大学にてマスタークラスを受講しディプロマを取得、選抜演奏会に出演。以降、第41回PTNAピアノコンペティションG級銀賞・洗足学園前田賞、第43回同Pre特級金賞をはじめ、多数の国内コンクールで入賞を重ねる。2021年、第10回フランツ・リスト国際ピアノコンクール(ワイマール)にて最高位の第2位に入賞し、同時に聴衆賞、サン=サーンス最優秀解釈賞を受賞。ピアニストとしての視点に留まらず、室内楽やオーケストラ作品にも造詣が深く、あらゆる面から作品を解釈する点において高い評価を受けている。2022年9月には自身初となるCD「Voice of Liszt」をリリースした。

ソリストとして精力的に演奏活動に勤しむ傍ら、室内楽や作編曲等にも取り組みいずれも好評を博す。これまでに菊地裕介、佐藤彦大、武田真理、ファルカシュ ガーボル、ギグラ カツァラヴァ、故野島稔の各氏に師事。2022年度ヤマハ音楽支援制度奨学生。

シャネル・ピグマリオン・デイズ 2023 参加アーティスト。

(2022年12月現在)