BACK

EXHIBITION

RED
清英 写真展

©Kiyohide Hori

©Kiyohide Hori

©Kiyohide Hori

©Kiyohide Hori

©Kiyohide Hori

©Kiyohide Hori

©Kiyohide Hori

©Kiyohide Hori

2022.1.19 WED - 2.20 SUN

11:00 - 19:00 (最終入場18:30)
無休 入場無料

INTRODUCTION

シャネル・ネクサス・ホールは2022年に開催する展覧会の第一弾として、堀清英の写真展を開催します。

堀清英は、ニューヨークで写真を学び、雑誌や広告、ポートレイト撮影等、幅広い分野で活躍する傍ら、自らの作品を作り続けてきました。人間性を取り戻すため「原始へ帰れ」と1950年代にアメリカで巻き起こったビートカルチャーの伝説的詩人アレン ギンズバーグから強い影響を受けてきた堀は、東日本大震災後に、アイロニカルな視線を現代社会に向けて制作されたシリーズ「re;HOWL」を発表。そして今回初公開となるのが「RED」で、視線の向ける先を自己の内へと転じ、“自分”とは何者か?という問いへの答えを追求しています。
本展では「RED」シリーズの他、1990年代以降撮りためてきた作品群や、創作活動の原点ともいえる手製のフォトブック等を三部構成で紹介。自らの作品をピクチャーポエムであるという堀の自己探求の道程を示します。

ARTIST

清英

愛知県出身。明治大学在学中の1980年代、デザイン事務所でのアルバイトを機に写真に興味を持つ。カナダの写真家、故ユサフ カーシュに自身のポートレイトを依頼したことをきっかけに、本格的に写真に取り組み始める。1991年よりニューヨークのICP(国際写真センター)にて学び、作品制作を開始。1997年に帰国後、ファッション誌、カルチャー誌で活躍。ミュージシャンのCDジャケットやライブ写真を手がける。現在は自身の作品制作を基盤に、人物写真を中心に活動している。